2013年3月


雑誌の定期購読と消費税

来年2014年4月に消費税が5%⇒8%に引き上げられる予定です。

そこで、気になるのが代金支払い時とサービスを受け取る時期にずれがある場合
どちらの税率がかかるかという点です。

新聞に記事が掲載されてましたので、一部引用すると、

これには、「経過措置」というのが設けられており、2015年10月に予定される10%へ引き上げられる際にも適用されます。

例えば、

雑誌の定期購読の場合、

今年2013年9月末までに契約し、購読料金を翌2014年3月末までに支払うと税率は5%が適用されます。

又、

週刊誌や月刊誌は、発売日が2014年3月末までの号は、4月以降に購入しても5%が適用されます。


雑誌の定期購読は、契約と支払いの期日にズレがあるのがミソですね。
雑誌・定期購読なら専門サイトの【Fujisan】へ