2012年6月


選べる電子書籍端末が増える!?

2012年内にもアマゾンが日本でもいよいよ電子書籍端末の「キンドル日本語版」
を投入してくるニュースはご存知の事と思います。

これで日本でも本を電子書籍で読む習慣が、グッと加速するかもしれませんね。


現在日本の電子書籍専用端末(電子ペーパー方式)は、

ソニーのリーダー"Reader"ですね。
http://www.sony.jp/reader/

専用の「リーダーストア」
http://ebookstore.sony.jp/
こちらで、本を購入ダウンロードします。
クレジットカード又はソニーポイントが使えます。

アマゾンのキンドルといえば、同じ電子ペーパー方式だけ・・かと思っていたら、

「Kindle Fire(キンドル・ファイア)」
と呼ばれる汎用タイプ(ipad的なPCのタブレット版のような)が発売されていました。
しかも、ipadの半額程度!素晴らしい!!

※ちなみにソニーにも汎用タイプ「Sony Tablet 」というのもあり。上記サイトで利用可能です。


さらにさらに、

楽天が、電子書籍事業を手がけるカナダのコボ社の買収を完了し、
来春にもコボ社の電子書籍端末を投入予定。
http://www.kobobooks.com/touch

おそらく、こちらの専用サイトで購入可能ということになるんでしょう。
現在は、ソニーリーダーに対応してます。
Raboo(楽天の電子書籍オンライン書店)
http://ebook.rakuten.co.jp/


専用端末のみしか利用できなかったのを、順次使える端末を増やしたり
どんどん、変な垣根が取り払われて、ユーザーが便利で快適に使える環境ができると
いいんですが。

どんな風穴を開けてくれるか楽しみです。



空でも読書

JALの一部の国際線で漫画(電子書籍)が無料で読めるようになるそうだ。
「スカイマンガ」といいます。
詳しくは⇒http://www.jal.co.jp/inflight/inter/sky_manga/

前の座席の背にある画面で見るようですね。
ありそでなかったサービス。

乗ってる間の選択肢が増えたということですかね。


ちなみに、
漫画の電子書籍販売サイトといえば、
日本最大のマンガ(電子書籍)販売サイトeBookJapan
ですが、

アプリで、
スマホらしさ(人差し指をはらうしぐさ)が出来るのは、
電子書籍を読むなら「honto」
のアプリです。今のところね。

ページの裏写りまで再現されていますよ。